記憶の断片をペタペタペタ


by waxwing_k

英語のこと

最近、論文の英語化をして語学研究化の先生にチェックをしてもらうことがあって、
その一連の流れで感じたこと。



○英語を書けなくなってる。
 元から、英語が苦手だから書けててもしれてる。けど、院試の時はもう少しすらっと・・・

○英語が話せない。
 これ、すごいフラストレーションになることが、今回わかりました。
 「言いたいことを言うことが出来ない’」
 ってのは、フラストレーションの元ですね。

で、解決するのは、書く鍛錬なのかな?
話すのと書くのとでは、少し意味合いが違うことはわかる。

話す⇒足りないところを、継ぎ足し継ぎ足しできる。けど、すぐに言う必要がある。
書く⇒言い切る必要がる。けど、よく考えてから書く時間がある。

けど、書くことになれたら、すぐに言えだろうし継ぎ足すことも出来るのかな?
やっぱりWritingは大事だな・・・・・・

院試の時に思ったことだけど、集中して英語化することを身に付けてると
予想以上に日本語⇒英語って出来る気がしたから、あれをもっと続けるといいのかしら・・・
[PR]
by waxwing_k | 2005-10-27 10:43 | 研究、勉強